幕末、なぜ日本は開国して西洋の侵略を防げたのか?

幕末、日本が外国の植民地にならず、明治維新を成功させました。

東南アジアや東アジアの中で、唯一、日本だけが近代化を成し遂げたのです。

中華文明を誇る清や朝鮮も西洋から領土を蚕食、あるいは植民地化されました。鎖国が大きな原因と言われています。

ところが日本も、当初、圧倒的な西洋との軍事力の差を知りながら、なかなか開国することができませんでした。

もちろん、開国派の勢力もいましたが、鎖国派(攘夷派)から比較すると、僅かでした。

「攘夷だ!」という声が圧倒していたのです。

「攘夷」とは、「尊王攘夷」を略した言葉です。天皇を尊び、夷人(外国人)を攘(はら)うという意味です。

つまり西洋列強を、やっつけて追い払え、ということです。

幕府も攘夷派でした。しかし、当時の幕府は、西洋に武力で脅されて不平等な条約を結んでしまいました。

幕府が部分的に開国していましたが、朝廷や薩摩藩、長州藩などを中心として、攘夷派が圧倒的多数だったのです。

幕府の西洋列強に対する弱腰にも、不満が日本中に鬱積していました。

薩摩藩とイギリスの戦争で、開国へ向かった日本

当時、長州藩は西洋4カ国艦隊にボロクソに負けていたのにもかかわらず、熱狂的に攘夷をおこなっていました。

また、もともと薩摩藩も攘夷派でした。

朝廷も攘夷派なので、朝廷と薩摩藩は、西洋の脅しに屈して、弱体化した幕府を倒そうと画策していました。

しかし、薩摩藩は、ある日、突然、開国派になってしまったのです。

切っ掛けは、イギリスとの戦争で、西洋の軍事力の凄さを知ったからです。

イギリスと講和に持ち込むことができましたが、薩摩藩の被害は甚大でした。

薩摩藩主の父で実権を握っていた島津久光の命(めい)により、薩摩藩は開国派となったのです。

そして、長州藩も開国派が実権を握り、薩摩藩と同盟します。薩長同盟(さっちょうどうめい)です。

薩摩藩と長州藩の二大勢力が中心となり、日本は開国の方向へ舵を切ることができたのです。

開国によって日本は、西洋の高度な武器やノウハウを輸入して、西洋列強に対抗できるようになりました。

人材と運に恵まれていた日本

日本を植民地、あるいはそれに近い状態にしようとして、西洋列強は、日本にやってきました。

しかし、武器やノウハウを日本に与えることによって、結局、それができなくなったのです。

ある意味、西洋列強は間が抜けているようですが、日本に優秀な人材がいたことと、運にも恵まれていたおかげ、とも言えます。

西郷隆盛や勝海舟による江戸城の無血開城や、マイナスの英雄といわれる将軍・徳川慶喜など多くの人材の活躍がありました。

日本があまりにも早く倒幕をして、明治維新を成功させたので、西洋列強はなにもできなかったのです。

また、アメリカは国内で南北戦争が勃発して、日本にかまっていられなくなりました。

他の西洋列強もそれぞれ事情をかかえるようになり、遠い極東の日本に力が入れられなくなります。

幕末、日本は人材に恵まれていた、と言えましょう。

ひとこと

当時、日本が他のアジアの国と違うことに、西洋列強はとても驚いていたそうです。

変わった国だと思っていたらしいです(●^□^●)